口腔外科|吉祥寺駅徒歩3分の歯医者

image

口腔外科

口腔外科と聞くと、親知らずを抜くとことと思われがちですが、口腔内、顎、顔面及びその隣接組織すべての疾患を対象としております。
歯が原因とされるものから、口腔内のがん、顎変形症なども含まれます。
その中で広く認知されており、受診患者の多い親知らずについてご説明いたします。

親知らずとは

image

正式には第三大臼歯(=智歯)と言われる歯が「親知らず」です。
第三大臼歯は、生えないことも多い歯です。
理由としては、顎の中に存在するが生えてこない場合と、生まれつき親知らずがない場合があります。
また、生えてくる時期に非常に個人差があり、早い人では十代後半、遅い人では二十台後半に生えてきます。

親知らずによるトラブル

食生活の変化により現在の日本人の顎は、親知らずが生えるには十分な大きさではありません。
親知らずが変な方向に生えてしまったり、完全に生えないなどにより、親知らずの前の歯が押されて位置がくるってしまったり、周りの歯が不衛生な状態になったりします。
そのことにより、次のようなトラブルが頻発します。

  • image

    親知らずが虫歯になる

  • image

    親知らずの前の歯が虫歯や歯周病になる

  • image

    歯並びが悪くなる

  • image

    腫れて痛む

親知らずは抜いたほうがいい?

正常に噛みあっていて、日常生活に何も問題のない親知らずなら抜く必要はありません。
また、親知らずは保存しておけば将来的に移植や治療に使用できるという意見もあります。
しかし、親知らずの存在により、痛みや腫れなどのトラブルを起こしているような場合には、親知らずを抜いてその他の正常な歯の健康維持を心掛けたほうがいい時があります。
「抜いたほうがいい」場合は歯科医師と十分に相談してください。

ページトップへ戻る